最近の記事

登録されている記事はございません。

最近のコメント

    © 法人携帯とは?メリット・デメリットを把握! All rights reserved.

    法人携帯のメリット情報漏えい防止に便利なオプション

    20185/15

    法人携帯のメリット 情報漏えい防止に便利なオプションとは

    法人携帯を利用する際に、注意しなければならないリスクとして情報漏洩があげられます。
    携帯電話には、電話帳データをはじめとして、通話着信履歴、メール、ファイルのデータなど重要機密事項がたくさん入っています。紛失したり、盗難にあったりして、顧客情報が漏えいしてしまった場合には、会社の利益を大きく損ない信用を失う事態に陥ってしまいます。

    法人携帯には、情報漏えい防止のオプションサービスがあります。サービスを利用することにより、万全のセキュリティ対策になります。
    今回の記事では、法人携帯の情報漏えい防止について案内いたします。

    1、法人携帯のセキュリティ対策

    法人携帯のメリット 情報漏えい防止に便利なオプションとは
    ドコモ、au、ソフトバンクの法人携帯のセキュリティ対策について案内します。

    ドコモ

    ドコモでは、以下の法人専用オプションサービスを活用すると、情報漏洩対策が取れます。

    • あんしんマネージャー

    法人携帯の遠隔ロック・初期化はもちろん、カメラやワンセグなどの機能制御や業務に不要なアプリ制限、利用状況の監視など携帯電話の管理業務に活用できます。ドコモのすべての機種に対応しており、PCから一括操作・設定できます。
    料金は月額250円です。

    • ドコモ紛失サポート

    利用中端末の遠隔ロック・遠隔ロック解除、または遠隔初期化のMDMオペレーションをドコモが運用代行します。24時間365日体制で、専用サポートデスクがご利用者本人から申告を受付しています。
    月額150円です。

    • CLOMO MDM for ビジネスプラス

    スマートフォンの盗難・紛失リスクに対して、リモートで「デバイスのロック」「デバイス内のデータ削除」を行え、業務データの情報漏えいを防ぎます。

    • セキュリティブラウザKAITO LE

    データを残さず、危険なサイトにアクセスさせないことで、情報漏えいのリスクを大幅に低減できるセキュリティWebブラウザです。
    スマホのウイルスへの感染や、紛失時のアカウントへのログインを防止できます。月額150円です。

    au

    auでは、端末紛失時の遠隔ロック・データ削除サービスとID認証サービスを標準サービスとし、共通アドレス帳・ウイルス対策・セキュアブラウザ、リモートデスクトップサービスなどをスマートデバイスに実装できるKDDIベーシックパックプラス(372円/月)がセキュリティ対策に効果的です。

    • KDDI Smart Mobile Safety Manager

    スマートデバイスのセキュリティ対策と、遠隔ロックや削除、アプリ設定などを一元的に管理できる標準サービスです。

    • KDDI SMARTアドレス帳

    アドレス帳共有、簡単ユーザ管理およびセキュリティ機能を具備した ビジネス特化型クラウドアドレス帳サービスです。

    • オンラインストレージ

    暗号化やウイルスチェックなどのセキュリティ機能が充実した1人当たり10GBの大容量ストレージサービスです。

    • アンチウイルス

    スマートデバイスのプライバシー保護、ウイルス・マルウエア対策サービスです。

    • セキュリティブラウザKAITO LE

    端末にデータを残さないことで、端末の紛失・盗難等の万一の時に大切なデータが漏えいするリスクを飛躍的に低減するセキュアブラウザです。

    ソフトバンク

    ソフトバンクでも法人に必要な機能をまとめた法人基本パック(月額475円)とさらにケータイ制御機能を追加した法人基本パックプラス(月額665円)を利用することでセキュリティ対策ができます。

    • 安心遠隔ロック

    管理者のPCから遠隔操作を行い、捜査ロックやデータの消去ができます。

    • 位置ナビ一斉検索

    社員100名までの位置を一斉に検索できます。結果は即時地図上に表示されます。

    • ウェブアクセス指定/アクセス履歴閲覧

    指定したサイト以外にはアクセス不可となるウェブアクセス指定。また、アクセス履歴閲覧ではスマホのアクセス履歴が確認でき、私用での利用の抑止にもつながります。

    • 紛失ケータイ捜索サービス

    携帯電話紛失時に、ソフトバンクオペレーターが大体の位置を調べられるオプションです。

    • ケータイ機能制御(法人基本パックプラス)

    ニーズに合わせて、カメラや赤外線通信機能など、業務に支障をきたしてしまう可能性がある思われる機能を制限できます。ガラケーを対象としたオプションです。

    2、法人携帯のサービス以外による情報漏えい対策

    法人携帯のメリット情報漏えい防止に便利なオプション

    オプションを利用する以外にも情報漏えい防止にむけた対策をとることでより強固なセキュリティとなります。

    スマホにパスワードをかける

    スマートフォン紛失時に、すぐに拾われて閲覧されてしまわないように端末にロックをかけておくことが重要です。
    長くて複雑なパスワードは使用者の負担になりまので、数字4桁の暗証番号を設定しておくと良いでしょう。

    社外への持ち出しを最小限にする

    紛失、盗難のリスクを避けるには、そのリスクを最小限に減らしておくことです。社外への持ち出しは最小限に控えましょう。
    法人で契約している携帯電話は貸与物となるので、扱いについて明確にルールを定めておくことが重要です。

    私用でインターネットサイトを利用しない

    法人オプションによる制御も可能ですが、社用携帯の私用利用はモラルにも反することです。
    直接、ウイルス感染などによる情報漏えいにつながらなかったとしても、モラルの乱れにより携帯電話から、あるいはそのほかの部分から貴重なデータや個人情報の流出を招きかねません。

    3、まとめ

    法人携帯の情報漏えい防止という観点でのメリットをお伝えしました。
    ドコモ、au、ソフトバンクの3社とも、大事な携帯電話のデータを守るオプションが用意されています。

    紛失やウイルス感染をしないことが最も重要な部分ではありますが、万が一そのような事態に陥った際にもオプションでデータ情報漏えい防止の対策をとっていれば最悪の事態は避けられます。月々の負担も決して大きいものではないので、ぜひオプションの加入を検討してみてください。

    関連記事

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    法人携帯のメリット 便利機能満載のソフトバンク法人基本パックとは

    20185/17

    法人携帯のメリット 便利機能満載のソフトバンク法人基本パックとは

    携帯電話(スマートフォン)を法人契約すると、個人携帯では申し込みできない法人専用のオプションに申し込むことができます。 ドコモ、au、ソフ…

    法人携帯のデメリット 会社負担費用を小さくする方法

    20185/16

    法人携帯のデメリット 会社負担費用を小さくする方法

    当然といえば当然のことですが、法人携帯を従業員に貸与し費用を会社負担とする場合、コストは会社にすべてかかってくることになります。 法人…

    簡単解説 法人携帯の導入事例と便利な活用パターン

    20185/16

    簡単解説 法人携帯の導入事例と便利な活用パターン

    法人携帯の便利な活用法やコスト削減の方法を考えるには、他の企業の導入事例が参考になります。 携帯電話、スマートフォンはビジネスに不可欠…

    法人携帯のメリット 電話帳・請求・明細・携帯契約の一括管理

    20185/16

    法人携帯のメリット 電話帳・請求・明細・携帯契約の一括管理

    法人携帯のメリットの一つとして、一括管理による業務を簡素化できることがあげられます。 今回の記事では、以下の3点の一括管理について案内…

    キャリア別法人携帯のメリット~コスト削減編~

    20185/16

    キャリア別法人携帯のメリット~コスト削減編~

    法人携帯にはさまざまなメリットがありますが、企業が法人携帯を導入する際に一番の決め手となるのはコスト削減効果がどの程度見込めるかという点では…

    ページ上部へ戻る